読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【続報】新商品MT-07専用スマートフォンマウントロングスクリーンと「アシスト THE ライダーシリーズ」

先週ブログにあげたMT-07専用スクリーンのリリース情報。

あれから2週間ほど経ちますが、年始にFaceBookで書いた発売告知を見ていただいていたのか、すでにたくさんのお客様からご注文いただいております。本当にありがとうございます。

f:id:worldwalk-motorcycle:20170307185040j:plain

機能について改めて簡潔にまとめますと、下記のような点が挙げられます。

  1. ロングスクリーンに求められる風防効果を備えつつ、
  2. スマホなどの電子機器を装着できる拡張性を持ったスクリーン

特に2.の電子機器をメーター上に設置できるのが大きな特徴です。
f:id:worldwalk-motorcycle:20170307185037j:plain
こうすることで視線移動が少なくなり、よりライディングに集中できるというメリットがあります。
f:id:worldwalk-motorcycle:20170318111353j:plain

MT-07のメーターはハンドルクランプの真上に設置されていてそれが特徴のひとつでもありますが、それは同時にハンドル周りのスペースが少なくなることを意味しています。
本商品を取り付ける事でメーター上に長さ約130mmのスペースが出現することになり、よりメリットを体感していただけると思います。f:id:worldwalk-motorcycle:20170317191338j:plain

ちなみにフレーム部分はφ13ですので、もしお持ちのスマホホルダーがφ22-29対応品の場合、「スマートフォンホルダー用φ28マウントアダプター」を装着することで取り付け可能になります。
f:id:worldwalk-motorcycle:20170318142406j:plain

f:id:worldwalk-motorcycle:20170318142417j:plain

「アシスト THE ライダー」シリーズについて

f:id:worldwalk-motorcycle:20170317191431j:plain

MT-07専用スクリーンは「アシスト THE ライダー」シリーズの第三弾になります。
その名の通り、ライダーを手助けする機能を追加した商品です。この場合の手助けとは先述のようにアクセサリーを装着する際の自由度が上がることや、ナビであれば視認性の向上、給電用のケーブルレイアウトがしやすくなるなどです。バイク自体が昨今のニーズにより適合しライダーをサポートする機能が付加できないだろうかというのが着想点でした。

ちなみに第一弾はNMAX専用スマートフォンマウントロングスクリーンです。↓f:id:worldwalk-motorcycle:20170318134628j:plain

メーター上にスマートフォンを装着できるようになっています。f:id:worldwalk-motorcycle:20170320091457j:plain

このポジションにマウントして実際走ってみると、進行方向との視線移動が少なくなりとても快適です。f:id:worldwalk-motorcycle:20170317191449j:plain


そして第二弾はXSR900専用スマートフォンマウントビキニカウルf:id:worldwalk-motorcycle:20170318101420j:plainこの商品はウインドスクリーンではなくビキニカウルですが、やはりスマホなど電子機器を装着できるようになっています。f:id:worldwalk-motorcycle:20170318101442j:plain

f:id:worldwalk-motorcycle:20170320091720j:plain

 カウルを固定するための専用ステーは中空管と無垢材を使用してフレームを組んでいます。強度や取り付けのしやすさはもちろん、スタイリングも重視した設計です。(ちなみにMADE IN JAPANです↓)f:id:worldwalk-motorcycle:20170318101446j:plain

 


今後もこのシリーズは車種を広げて展開していく予定です。(↓試作途中のトリシティ125、155用スマートフォンマウントバー)f:id:worldwalk-motorcycle:20170318165441j:plainf:id:worldwalk-motorcycle:20170318165443j:plain

試作途中の GSX-S1000F専用スマートフォンマウントロングスクリーン

f:id:worldwalk-motorcycle:20170319205338j:image

ブログ、SNSでも継続してご紹介していきますので是非よろしくお願い致します。

株式会社ワールドウォーク